Add to Google

こんばんは、Tapです。

今日のトピックスは、2つです。

  1. 朝一からミスった
  2. iPhoneを買うのは疲れる

朝一からミスった

今日は朝から出鼻をくじかれました。WiMAXをお試し中なので、Vimの生産性を高める設定等&Rubyをやろうと思い、近所の図書館にパソコンと書籍を持って向かいました。

しかし、図書館でWiMAXの通信ができませんでした。しかたなく、自宅に戻り、気を取り直してやりました。朝一から出鼻をくじかれましたが、5時間集中して作業ができました。

iPhoneを買うのは疲れる

午後は、iPhone4Sを買いに行きました。場所は、7月5日にビッグカメラの日本最大の店舗がOPENした新宿東口界隈です。大型店がひしめき合っている&大型店がOPENしたばかりという事もあり、日本で一番安いだろうという仮説を立て場所を決めました。(3連休の初日というのもあり)

ヤマダ電機(通常価格の4万6千円)、ヨドバシカメラ(端末が9,800円、フォトビジョン・みまもり携帯がついてくる)を回りましたが、高い・・・

本命のビッグカメラの日本最大の店舗(新宿三越跡)に向かいました。

1. iPhone4S 端末 6,800円    フォトビジョン 16,800円(24回払いにすると月額690円)

2. 月々の利用料は、合計3,500円(フォトビジョンの端末代+3G回線使い放題)

これは安いと思い、ソフトバンクで購入しようと思いました。

しかし、手続きを進めていくと、どんどん料金が上乗せされていきました。フォトビジョンなるものに、契約手数料3,150円(最初、契約手数料がかからないものだと思いました。)途中解約は、9,950円。10分程考えました。まぁでも月々の固定費は、3,500円だし良いかと思い、次に進みました。続いて、みまもり携帯の契約ですと、言ってきました。それは聞いてないぞと思いました。これも契約手数料3,150円、途中解約は、9,950円。こいつは参ったと思いました。

■みまもり携帯(お子様が使用する為に開発されたもの)


トータルにするとかなり高いのでは思い、また考えました。色々検討した結果、やめる事にしました。席を立って帰ろうとしたら、説明していなかったのでビッグカメラの商品券3千円分おつけしますと言ってきました。いやいや、それでも高いと思い帰ろうとしました。すると、なぜかフォトビジョンを「なし」にしますと言ってきました。

これはかなりお得な買い物になるなと思いました。(フォトビジョンは、16,800円+契約手数料3,150円)棚からぼた餅でした。それではといい、話を続けました。

最終的にこんなに安く買えました。

1. iPhone4S 端末 6,800円 みまもり携帯 1円 合計6,801円(ドコモから乗り換え)

2. 月々の利用料は、合計2,800円で3G回線使い放題 (フォトビジョンがなくなった為)

フォトビジョンの約2万円がなくなったのがとても助かりました。(私は、フォトビジョンを使わないので。)複雑な料金体系や各店舗間のサービスの違い等で比較検討がとても疲れましたが、満足した結果に終わりました。iPhone4Sを活用して、さらに生産性を上げて邁進して行きたいと思います。

プログラミング未経験の素人が3ヶ月でwebサービスを作れるのか?Webサービスを作って起業して軌道に乗せるまでの物語、必ず実現させますので今後もお付き合い頂ければ幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最初に3ヶ月でWebサービスを作るためにやっているチュートリアルの内容です。

続いて、現在のPC環境です。

こんな感じです。(ローカル環境で練習しています。)

MacとLinux

黒い画面に大苦戦しています。

インフラ編の「SSHの復習」「nginxのインストールの復習」「ネームベースのVirtualHostを構築する」を学びました。インターンシップを始めてから、Linuxを学んでいるのでCUI環境に慣れるのに骨が折れます。でも黒い画面は、使いこなせると作業が早くなります。

SSHで大きな勘違いをしていました。クライアント(Mac)・ サーバ(EeePC)の両方に秘密鍵と公開鍵を作るものだと思い込んでいましたが(実際に作っていました。)クライアントだけで良かったというのを今日、知りました。早めに気づいて良かったです。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥です。

ついでに

自宅とMobileをWiMAXで兼用できるか試そうと思って、15日間のお試しを申し込みました。2日前に申し込んで、今日届きました。LTEが主流になりそう&WiMAX2も出ますが、1年ぐらいはいいかなと思って試しました。今まで(Flets光の下り100Mbps)と比べても大差がなく、軽快でした。(YouTubeもOKでした。)色々な時間帯を試したいと思います。水曜日の17時〜23時が大丈夫そうだったら、問題なさそうですね。

Wimax

明日も引き続き、Linuxを学んで行きます。

毎日の小さな積み重ねが、Webサービスを作るための大事な基礎になると思っております。明日も1分1秒、無駄にせず昨日の自分に負けないように精進します。

プログラミング未経験の素人が3ヶ月でwebサービスを作れるのか?Webサービスを作って起業して軌道に乗せるまでの物語、必ず実現させますので今後もお付き合い頂ければ幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回もご紹介した通り、フィヨルドでインターンシップを始めました。インターンシップは、フィヨルドの業務とWebサービスを作るための勉強を交互に行っていきます。(例:2日業務したら、2日勉強という感じ 当然、無給です。)講師は、プログラマーの@komagataさんとデザイナーの@machidaさんです。

フィヨルドのインターシップ内容をご紹介します。

・フィヨルドの業務内容

主力で運営しているスマホで怖い話が読める・投稿できるサイト「怖話」の業務等々を手伝う。

・Webサービスを作るための勉強内容

Macのクリーンインストール〜Linux・Webサーバ等の構築〜Ruby〜Rails〜デプロイができるというような最初から最後までを自分でやれるようになる。(自分でできる=Webサービスを作れるようになる)

自宅学習用の書籍も随時、自分の環境(ニーズ)にあった本を揃えます。(私は、大概の本は図書館で取り寄せます。Amazonと同等のスピードで本が届きます。受け取りに行く必要がありますが・・・)※図書館を利用した効率的で瞬時(予約待ちをせずに)に本を取り寄せる方法は今度、ご紹介したいと思っています。私は、この方法で月間60冊ぐらいは本を取り寄せます。1冊、¥3,000として毎月、18万円ぐらいの節約になっています。


「Webサービスを作るため」の私の学習スタイル

私の学習スタイルは、言語感覚系です。皆さんも自分の学習スタイルを調べてみてはいかがでしょうか。   →学習スタイルを調べる

・言語感覚系とは

誰かと話し合うことや自分なりに論理づけることでより理解を深めます。自分なりのまとめ方をする傾向があり、文章を書いたり、それを発表する機会を持つことでより早く身につけます。同じ単語でも自分が使っている意味と相手の意味が食い違うと混乱する傾向があります。論理的に話し、長く複雑な文章を話すのが特徴です。

要するに私の学習スタイルは、まず、1.自分で調べて自分なりの解釈で理解する。 2.その理解をベースに人と話したりする。 3.人と話すことにより深く理解できるというステップを踏んで行きます。(回りくどいやり方ですが、これが一番物事を理解できます。自分で調べてやってみないとわかりません。人の話を聞いて理解できるようになりたいものです・・・)

「Webサービスを作るための大まかなプラン」 まとめ

私は、自分で調べて理解してやってみて、人と話してさらに理解が深まる学習スタイルを持っています。という事は、Webサービスを作るための時間が多くかかる場合がある。(自分で調べたのが、見当違いの場合もあるため)そのため、効率的にやる必要があります。

昔からの言い伝えで、どんなジャンルでもプロフェッショナルになるには、1万時間が必要と言われています。私に残された時間は、あと1500時間です。(一日平均、16時間×90日 ※3ヶ月)

戦略なき戦術は、達成が難しく、進むべき道を間違えやすい。戦術なき戦略は、必ず失敗する。ということで・・・簡単な時間配分を考えました。(もっと重要な存在に気づくと思うが、今はこれぐらいで考える。)

  • Linux・Webサーバ等の時間   400時間
  • Ruby・Rails等の時間            500時間
  • Webサービスの構築              600時間 

これを私がどのように進めて行くのかは、今後の物語を見て頂ければ、おわかりになると思います。長文を最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

プログラミング未経験の素人が3ヶ月でwebサービスを作れるのか?Webサービスを作って起業して軌道に乗せるまでの物語、必ず実現させますので今後もお付き合い頂ければ幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Recent Entries