Add to Google

アイキャッチ

NAVERまとめのPV数の伸びがスゴイと聞き、NAVERまとめに「まとめ」を投稿して多くの方にCommunitureを知ってもらおうと思い試しました。結論としては、人気の記事を書けば作成者のプロフィールを見る確率が高まるので、多く流入するということが分かりました。(私は人気の記事が書けていないので、約10,000PVに対して流入数が30です。)

NAVERまとめを試すと同時に、どういう記事が「ウケるか?」ということを研究&実践しました。「ウケる」記事を書くには至っていませんが、実践する中でNAVERまとめが「Webライティングの実践練習に適している」ということと「Webライティングで重要な3つのこと」をNAVERまとめから学んだので情報共有します。

NAVERまとめが、Webライティングの実践練習に適している3つのワケ

  1. 通常のブログより構成が作りやすいので、作業時間が短い。(実践&フィードバックが早くなる)
  2. ウケる記事とウケない記事の比較がしやすい。(PV数が公表されているため)
  3. ブログやWebサイトのように方向性がないので、色々なジャンルの記事を実践練習できる。

NAVERまとめというプラットフォーム上ではありますが、競合記事の人気やタイトルのつけ方が一覧で分かります。併せて、色々なジャンルの記事を無差別に書いて練習できるという点が優れています。続いて、NAVERまとめから学んだ「Webライティングで重要な3つのこと」です。

その1. 市場・競合調査をする -ネイバーまとめから学んだ「Webライティングで重要な3つのこと」-

新しいお店やWebサービスを始めるときは、多くの場合、市場・競合調査をやります。しかし、ブログやちょっとした記事を書いたりするときは、忘れがちになってしまうものです。当たり前の話ですが、自分の書きたいことを書いている場合、ウケる記事を書くのは意外と難しいです。ネイバーまとめは、人気記事の比較がしやすいという利点があるので、事前に調べるクセがつきました。Webサイトやブログでも同様ですが、記事を書く前に少し時間を使って調べると記事の出来が格段に変わります。

その2. SEOを意識したWebライティング -ネイバーまとめから学んだ「Webライティングで重要な3つのこと」-

記事を書くときは、誰のために、何を、いつ、どのように伝えて、どうしてほしいのかを考えながら、記事を見るお客様が使いそうな言葉を散りばめていくという手順がSEO対策のひとつです。しかし、頭で分かっても実践しないと体得は難しいです。ネイバーまとめは、色々なジャンルの記事を無差別に書いて迅速にフィードバックを得られるので、SEOを意識したWebライティングの練習にピッタリです。

その3. お客様の立場に立ったWebライティング -ネイバーまとめから学んだ「Webライティングで重要な3つのこと」-

上記の2つも共通していますが、お客様の立場に立った文章を書くのが重要です。これをネイバーまとめから深く学びました。

セールスコピーでもブログでも同様ですが、キャッチコピー(タイトル)は、本文を見せるために存在します。アイキャッチは、見出しを見せるために存在します。見出しは、本文を見せるために存在します。本文は「行動を起こしてもらうこと」や「伝えたいことを伝えるために」存在します。それぞれの役割を認識して、連動させて記事を書くとお客様の立場に立った記事を書くことに繋がります。

Webライティングは、数をこなしつつ、迅速にフィードバックをもらえる環境が一番早く上手になるコツだと思いました。実践練習する場として「NAVERまとめ」は良いと思いました。Webライティングの勉強やブログを始めようと思っている方は、NAVERまとめを一度試してみてはいかがでしょうか。

アイキャッチ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Recent Entries