Add to Google

宮内達也です。

東京都渋谷区は、30℃です。最近、涼しかったので少し暑く感じました。熱くなってくるとColaということで、@hrysdを無理やり連れてマックに向かいました。レジで買おうとした瞬間、Lサイズ100円の告知バナー(垂れ幕みたいなやつ)がないことに気づく、確認するとドリンク全サイズ、100円キャンペーンが終了していた。ショックを隠しきれず、ヨーグルトシェイクを買いました。(T_T)マックも今回の販促で客数が増えた思いますので(昨対比はマイナスかな?)第2弾のキャンペーン実施に期待です。

早速ですが、Webサービスで起業するために今日やったことをご報告します。と行きたい所ですが、連日Railsしかやっていないので、別段、トピックがありません。なので、今日は溜まっていた作業をこなしたのでご報告します。

  1. LastPassを入れる。
  2. 法人印鑑等を作る。
  3. インターネットFaxを申し込む
  4. 固定電話の申込先を決める。
  5. サービスリリース後にPRするTV番組を調べる。

1.LastPassを入れる

PCを変えてから、LastPassを入れていなかったので、再度インストールしました。今回は、たまに使用するSafariにも同期させました。(私のメインブラウザは、Chromeです。)パスワード管理は、煩雑になるのでLastPassを使っています。

2.法人印鑑等を作る

Web最安値の印鑑を探しました。20分ぐらいかかりましたが、ここに決めました。

はんこプレミアム株式会社です。

法人印鑑作成 Webサービスで起業するために

いやーここは安いですね。法人印鑑3本セット(実印・銀行員・角印)で¥3,980、個人実印 ¥1,660。合計 ¥5,640でした。私みたいな少しでも無駄な費用は、削減したい人にとってはピッタリです。参考までに私が選んだ、法人印鑑の書体とサイズを記します。同じ境遇の方の参考になれば幸いです。

・法人印鑑の書体(実印・銀行員・角印) 全て、篆書体(てんしょたい)

日本銀行発行のお札に押されている印鑑にも用いられている書体です。結構、主流に使われている書体だそうです。※こだわりがなければ、スタンダードな篆書体でいいと思います。

・法人印鑑のサイズ 法人実印・銀行員・個人実印(16.5mm) 角印 (21mm)

平均的な男性の手にあったサイズみたいです。本当は、法人実印と銀行印は、サイズを変えると見分けがつきやすいです。(今回の格安コースは、サイズが指定されていました。)

・法人印鑑の用途

法人実印・・・契約書等に使う印鑑です。これでついた印鑑は、法的な責任を負います。一番重要な印鑑です。

銀行印・・・・当座預金や普通預金の届け出印に使用されます。実印と分けている理由は、Linuxでいう所のRootログイン禁止と一緒です。(実印は何でもできてしまう印鑑)なので、銀行印(sudo)を使いましょう。

角印・・・・請求書や見積書に使う印鑑です。法的な根拠がない印鑑(契約書等には使わない)です。

3.インターネットFaxを申し込む

初期手数料・月額費用・受信料無料のインターネットFaxを申し込みました。

※初期手数料は、Facebookで「いいね」をしたので無料(020のFAX番号に送ると、少し通信料が高いです。送信側の通信料で儲けているので、利用料が無料になっています。)

D-FAXという所で申し込みました。このサービスは、ポケベル時代に使っていた通信(今は、使っていない)を転用したサービスです。なので、FAX番号は、020から始まります。受信専用です。(FAXの送信は、ほとんどしないと思うので問題なし)注意点としては、90日間、FAXを受信しないと、解約されてしまうことです。これぐらいだと思います。

4.固定電話の申し込み先を決める。

私は、実家を離れて11年になります。(現在、28歳)今まで固定電話を使っていませんでした。色々調べると、ランニングコストが毎月、¥2,000ぐらいかかりました。最初は、電話がほとんどかかってこないと思ったので、スマホで050の電話番号が使える、月額315円の050PLUSで050の電話番号を取得して、固定電話は持たない事に決めました。通話料も安くなるのでお得です。今月末ぐらいから使いたいと思います。

5.サービスリリース後にPRするTV番組の一覧表を作る。

サービスリリース後に取材・掲載依頼ができる一覧表を作ってもらいました。第1弾は、民法TV局のビジネス系の番組一覧表です。狙う優先順位としては、Massが一番です。早く活用できるよう頑張ります。

今日は、長くなったので宮内語録をお休みします。本日もご愛読、ありがとうございました。

プログラミング未経験の素人が3ヶ月でwebサービスを作れるのか?Webサービスを作って起業して軌道に乗せるまでの物語、必ず実現させますので今後もお付き合い頂ければ幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Recent Entries