Add to Google

検索ワードを決める際の手順 Communiture Blog Vol.74

ブレストミーティングで出た集客施策、Communitureへの流入を増やす目的で下記の2つを2週間ぐらい前に作りました。検索ワードを決めた際の手順をまとめます。

起業の前に読むべき本

起業の前に読むべき記事

この2つは、「起業 本」という検索ワードで対策をしています。(この検索ワードは、月間検索回数 880回です。)起業の前に読むべき本は、検索からのトラフィックが50%あります。(現状、上位表示はされていませんが・・検索ワードは、起業 本 or 書籍名が大半を占めています。)今後もコンテンツを増やして、Communitureへの流入を増やしていきます。

検索ワードを決める手順 その1 目的を決める。

検索ワードを決める前に、何を目的に作るかが一番大事です。起業する時も何らかのプロジェクトをやる時も1つのタスクを実施する時も当たり前の話ですが、目的ありきです。なので、このサイトを作ることによって、何を目的として何を達成したいのかを決めるのが重要です。検索ワードを決める前にまず、目的です。ブレストミーティング等で色々な意見を出して、目的を定めましょう。

検索ワードを決める手順 その2 検索する方がどんな人でどんな検索ワードで調べるかの仮説を立てる。

目的が定まったら、検索ワードを決める手順に移ります。実際、ターゲットと想定している方がどのように検索するかを考えます。考えたワードの実現性を調べるのに使うツールは、GoogleAdwordsのキーワードツールです。恐らく、多くの方がスモールワードで対策をしていくことになると思います。検索回数・競合性等を指標とするのが良いと思います。(Adsenseをやる方は、クリック単価も同時に見ると良いです。)

検索ワードを決める手順 その3 競合サイトを調査

メインとなる検索ワードが決まったら、実際に競合サイトを見ていきましょう。(検索ワードの競合サイトを見る場合は、自身のキャッシュ等が影響しないシークレットモードで見て行きましょう。)

この時、重要となるのが、どのようなサイト構成でどこの客層を狙っていて、どのような強みを持って運営しているのかを確認することです。

検索ワードを決める手順 その4 競合と市場を踏まえた上で自分の戦略を考えて作る

競合と市場を踏まえた上で自分の戦略を考えて作ります。

検索ワードを決める手順 その5 仮説の検証&改善

立てた仮説の検証&改善を行います。検索ワードの変更も視野に入れて、実施した方が効率的です。個人でやることなので検証は、Analyrticsで十分だと思います。(年齢層等は見れませんが・・)

検索ワードを決めた際の手順をまとめました。これは、どんなビジネスにも共通する手順だと思います。(例えば、私は外食チェーンの新規店舗開発のサポートに携わっていました。大まかに考えると、上記の手順で準備します。中でも特に大事なのが、その5の仮説&改善です。)

以上、検索ワードを決める際の手順のまとめです。新たにサイトを作る際の参考にして頂けると幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Recent Entries