Add to Google

CommunitureMeetupを実施して分かったこと

Communitureが存在する目的は、起業に挑戦する人をサポートすることです。

既に起業に挑戦すると決めた人は、「起業の前に修行」しないのでは?という仮説がありました。

色々な方とお話する中である程度の結論は得られました。(直感も含んでいます・・・)起業を志す方に話を聞くと「起業の前に修行」のニーズはあります。しかし、どのビジネスでも言えることですが、ニーズがあった所でサービス(商品)は売れません。ニーズと共に欲しいという欲求がある時にタイミングよくサービス(商品)が存在しないと売れないと思っています。私のサービスが欲しいという状態は、自分に足りないスキルが分かっていて自分でできるようになりたいという場合です。起業を志す方と知り合うと(すでに修行していたり)ニーズはあるけど、必要ないという状態の方が多かった(未計測)です。(他の修行先を探したい!起業したが上手くいかなくてどこかで修業したいという欲求は発生する可能性があると思っています。)

結果として「起業の前に修行」はする。しかし、想定していた利用者様は、現段階(危機的状況)では違う(起業に挑戦する人で修行したい方をタイミングよく見つけるのは、時間がかかる。)という結論にいたりました。

売上を上げないと会社が潰れてしまうという、カウントダウンが刻一刻と迫っている状態では「起業したいという気持ちはある。しかし、何をやったら良いかわからない。または、一歩踏み出すきっかけがほしい」と考えている方のお話を聞く必要があると考えました。

理由としては、潜在的に起業したいという気持ちはある。これらの方をサポートする一つの手段として「修行先が探せるサービス」があると「ニーズと欲求」がマッチしやすいのではと考えました。しかし、修行先が探せるサービスを単独で利用して頂くには、行動を起こすハードルが高いです。まず、行動を起こしやすい起業サポート勉強会の仕組みを作って「修行先が探せるサービス」の認知度を上げて行きたいと思っています。

「起業したいという気持ちはある。しかし、何をやったら良いかわからない。または、一歩踏み出すきっかけがほしい」と考えている方のお話を聞くのは、一見、遠回りのように見えますが、一度、この仮説を元に行動します。(最初に利用者様として想定しましたが、机上の空論で違うと片付けていました。)合っているか間違っているかは、やればすぐ分かります。Communitureが存在する目的「起業家のサポート」はブレないように早急に行動します。

PS:私のキャッチコピーを決めました。

私のキャッチコピーを決めました。第一弾です。どんどんブラッシュアップしていきます。私が考える自分の長所「行動力」「継続力」「楽観的」を反映させました。

早い、アツい、陽気「不器用起業家」の宮内です。よろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Recent Entries