アイキャッチ

自分の強みと弱み -起業前に考慮しておけば良かったこと-

起業前に考慮しておけば良かったことは、自分の強みと弱みです。

就活のときに自分の強みと弱みを分析すると思います。それと一緒で起業の前に自分(チーム)の強みと弱みも踏まえて、ビジネスを決めた方が良いといわれます。

いやいや、そんなの必要ないでしょ。想定している市場で必要とされるであろうビジネスであれば、問題ないでしょ、という考え方もあります。私もそうでした。

強みと弱みは常に変わる -起業前に考慮しておけば良かったこと-

根底にある強みは、よっぽどのことがない限り変わらないと思いますが、根底にない強みと弱みは、仕事環境や考え方で変わってきます。誰しも経験することだと思いますが、得意でない仕事(勉強)をやっていくうちにコツをつかみ、得意になり、自分の強みになったりします。(やらされ感がないが前提ですが)

私の場合、強みと弱みを考慮せずにすべて未経験の分野でした。やっていくうちにコツをつかみ、自分の強みになるだろうと思いました。しかし、コツを掴むのも多少の時間が必要です。起業後は、このコツを掴む時間がネックです。(スピードが遅くなる)

自信をなくす要因になりかねない -起業前に考慮しておけば良かったこと-

当たり前ですが、起業後はよく壁にぶつかります。自分で解決できることから、解決できないことまで、多岐にわたります。

解決できないことが積み上がると、不安になります。不安というのは、解決しなければいけないことを理解していないとき(何が原因かも分からないままにする)に起きる現象だと思っています。自信とは、人の期待を背負っている(評価を気にする)という自分の感情と連動すると思っています。

強みと弱みを考慮せずに未経験の分野だと、解決スピードが遅くなるので不安の量が多くなります。解決スピードが遅いので、自分の心のなかで勝手に思っている人の期待に応えていないという現象が起きます。(誰も期待はしていないのに)よって、自信をなくす要因になりかねません。

起業後は「自信」が一番大事かなと思っています。最初は、根拠のない自信だけが前に進める原動力だと思います。なので、今後、起業する方は、根拠のない自信をなくしてしまうことにならないよう、強みと弱みも考慮することをオススメします。

Comments


(Option)


Recent Entries
Tags
Recent Comments